目次

剣術

剣術(けんじゅつ)とは古武道の一つであり、日本の刀剣であるかたな(日本刀)で以て相手を殺傷する武術である
現代日本の武道である剣道の母体となった
なお術の名称については中国では、片刃の刀と両刃(諸刃)の剣が明確に別の武器であると認識されているが、日本では刀と剣の認識が混ざってしまいその時々によって曖昧となってしまった
日本では中国から伝来した刀剣が両刃(諸刃)の剣(つるぎ)から片刃の日本刀(かたな)へ完全に移行してしまったため、あいまいになってしまったようである
刀術という名称は『本朝武藝小傳』など極少数の江戸時代の文献に使用されたがついに定着はしなかった
なお中国の剣術に対しては中国の剣を参照のこと
日本の剣術と他国の剣術・刀術を比較すると、刃長60cm以上の刀を両手で持ち、互いに盾を使わずに戦うという形式は珍しく、他国でいうと中世ドイツで両手剣による剣術が発達したのが挙げられるくらいである
江戸時代に大きく発展したため、合戦で着用する甲冑は前提とされず、平時の服装での斬り合いを想定している型が多い、実際の戦いは型通りではなく、袈裟に切り込む事が主流であったともいわれている
また「二の太刀いらず」で有名なジゲン流(自顕流や示現流)を習得した薩摩藩士の戦いぶりにおいて、その斬殺死体の殆どが袈裟切りを受けて即死に至っていたとされている
出会いなのかもしれない

歴史:古代

古事記、日本書紀において、伊弉諾尊が海中に刺して引き抜きたる矛の先より滴る水滴にて日本列島が生じたとある
日本において青銅製の武器の作成が開始されたのは、出土品から見て早くても紀元1世紀以降とされている
古代日本は朝鮮半島と深い関係を持ち、半島の各勢力との紛争に明け暮れたのみならず、中国・朝鮮半島からの避難民の流入、これらの新しい諸勢力相互と日本各地の先住民との間に争いが絶えなかったと思われる
そのため、剣による戦い方はある程度知られていたと考えられているが、この時代、日本にはまだ文字がなかったため、この時代の剣術の詳細は不明である
鉄剣の使用は、日本書紀の崇神天皇紀の撃剣(うちがき)や記紀の日本武尊の草薙剣に象徴されるように、軍事的優位の源泉であった
しかし鉄製の刀剣の国産が盛んになったのはようやく7世紀以降であって、推古天皇が「太刀ならば句礼(中国の呉)の真鋤(刀剣の意味)」と詠っているように古代は大陸からの輸入品が主流であった
刀鍛冶である「鍛冶戸」が朝廷によって各地におかれたのは8世紀以降である
日本国内でも、直刀や蕨手刀などの鉄の剣が作られるようになっていった

無料のレンタルサーバー fizby.net